離れた場所に建築!倉庫の立地場所について

倉庫を建てる時は色々な条件を熟考する

倉庫を造る場合には、様々な条件を考慮しなければいけません。高速道路のインターチェンジや幹線道路沿いを選ぶのもそうですが、別の要素も考える必要があります。それでは、倉庫を建築するに当たって考えなければならない要因とは何でしょうか。そこで、どのようにして立地する場所を決めるのかについてチェックしましょう。

広い土地を確保できる場所にする

倉庫の役割として、荷主の荷物を保管するというものがあります。この時、多種多様でなおかつ大量の荷物を預かるので相応の広さを確保しなければいけません。すると、必然的に広い土地を確保する必要性が出てくるので市街地から離れた場所を選びます。さらに、土地を買う以上はお金が不可欠でしかも広大となるとまとまった資金が必須です。コストを抑えようとするならば、土地が安い場所を選択します。中心部から距離があると、土地の値段が安くなっていることがあるので向いていると言えるでしょう。

また、倉庫で多くの従業員を雇う際には駐車場を完備するケースがあります。市街地から距離があると、通勤の面から車の利用が求められる事例が存在するためです。すると、多くの労働者が車通勤できるようにするためにも駐車場を広くしないといけません。このような観点からも、広大な土地が不可欠です。他にも、出入りするトラックが待機できるスペースを作ることが重要です。ゆえに、倉庫及び駐車場そしてトラックの待機スペースを確保するという条件が必須になります。

物流が果たす役割の大きさがクローズアップされています。物質の流れが経済活動の根幹を支えているといっても良いかもしれません。