起業をするためには何が必要?準備期間が成功の可否を決める

起業前の準備期間で事業の成功有無が決まる

起業を単にするだけならば、最寄りの税務署へ出向いて開業届を1枚提出するだけで起業は終わりです。意外にシンプルだと考える人も多いはずですが、実際に3年以内に9割以上の起業家が廃業していることを考えれば分かるように、事前準備が不十分なほど起業に失敗しやすくなります。そこで、起業前には事業内容を開業後から数年間に渡る範囲まで綿密に組み上げた上で、必要な資金を確保するといった準備をしっかり行うと良いです。なぜなら、起業から2年間は突発的な要因によるクレーム対応といった予想外の事態に襲われることが多いので、基本計画をしっかり行った上で固定収入を確保しておかなければ事業継続が困難になってしまうからです。

収益が安定するまでの運転資金を確保しておく

新たに起業してから収益が安定するまでの期間として、3決算期間を想定しておけば安定した起業を行えます。最初の2年間に必要な運転資金を確保した上で開業すれば、収益が安定する2年目が終わるまでに事業計画を修正すべきかじっくり考えながら目先の利益にとらわれずに事業を進められます。3年目からは納税優遇措置が徐々に無くなることから、貸借対照表において借り方が大きくなりすぎないようにバランスを考えながらの経営判断を行えば良いです。最初の2年間を無事に乗り切ることが出来るかどうかが起業成功の可否を握るので、起業を決意した時点から起業する迄の間にいかにして運転資金を枯渇させないよう工夫できるかがポイントとなります。

自分で店を持ちたいとき、フランチャイズはひとつの方法です。店舗の看板、ノウハウが使えるので便利です。