自作家電のすすめ!パソコンを自作してみよう

パソコンを自作してみる

今や身近な家電製品といってもいいパーソナルコンピューター。多くの場合はメーカーにより組み立てられ販売されていますが、自作することも可能です。それは、部品が手に入れやすいことに起因しています。東京であれば秋葉原などに行けば、セントラルプロセッシングユニットや、マザーボード、電源ユニット、ストレージユニットなど必要なパーツが多数販売されています。そのため、実際に自作をする人も多くいるのです。

パーソナルコンピューター自作のメリット

パーソナルコンピューター自作のメリットとしては、のちに自分自身で拡張しやすいということが挙げられます。パーソナルコンピューターを利用していて、ストレージが足りないなどの状況に陥ることが多い傾向です。その場合には、自分で組み立てたこともあり、ハードディスクなどを増設しやすいのです。また、自分の好みのストレージデバイスを取り付けることが可能で、シリコンディスクのように高速なものを取り付けることも可能です。

また、メーカーが作ったパーソナルコンピューターよりも安価に作れることもメリットです。パーソナルコンピューターに求める性能は人それぞれです。人によって性能を抑えていいところもあるでしょう。例えば、単純な計算のみを実施する人は高価なグラフィックボードは必要ないでしょう。そのような場合には、グラフィックボードを安価なものにすることも可能なのです。
このように自分好みに性能をカスタマイズできることも、自作のメリットです。

電子機器の内部には電子部品がたくさん配置された板(プリント基板)があり、この基板の構成を考えることを「プリント基板設計」と言います。設計次第で様々な機能を電子機器に付与することができます。