引越しの片付けは余裕を持って行いましょう

引越前は余裕を持って

引越の期日は業者の都合なども合わせて決まっているものなので、事情があって直前に片付けが出来なくても変更がきかないこともあります。そのため、間に合わせるためには出来るだけ早い段階から荷造りを行っていくことが大切なのです。引越までに期間がある場合にはついつい先延ばしにしてしまいがちになりますが、出来るだけ早く取り組んでおいたほうが良いです。

引越日まで時間がある場合には片付けしにくいものですが、今使っていない物からであれば手を付けやすいものです。シーズンオフの服などは箱に詰めておくという形であればやりやすいでしょう。引越しまでに使わないというものについてはどんどん荷造りしてしまいましょう。不要なものはその都度処分しておくことで荷物の量を減らすことも出来ます。荷物の量で引越し料金が変わったり、新居での片付けの手間が減ったりすることになるので、処分も同時に行っていきましょう。

新居での片付けを楽にするために

新居についてから片付けるという事も引越しではかなりの重労働になります。新生活に必要なものがすぐに見つからなければ生活に支障が生じますから、出来るだけ片付けを早く終わらせられるような工夫が必要です。荷造りの際に荷物が入っている箱で、何が入っているか識別できるようにしておきましょう。箱に内容を書いておくのがおすすめです。必要なものを探す時に見つけやすくなりますし、どれから開ければよいかわかりやすいのでスムーズに片付けが進みます。

不用品の回収業者を利用すれば、こちらの都合の良い日に不用品を回収してもらえますし、梱包・運搬・処分までの一連の作業を全て行ってもらうことができます。