物流倉庫を利用する際に押さえておきたいポイント

取扱品の種類には注意を

物流倉庫を利用する場合に押さえておきたいポイントの中でも特に重要なのはどのような商品を取り扱ってくれるかということです。商品がアパレル用品である場合もあれば食料品である場合もあります。しかし、それらの商品は取り扱い方が異なっているために物流倉庫によっては対応していないこともあるのです。
倉庫の形態によって適している商品も異なっているため、物流倉庫を選ぶ際には預ける商品に合っているかどうかの確認が必要です。

利用出来るスペースの把握を

ネットショップなどが増えたことにより物流倉庫を利用する人も増えていますが、利用する際にはどれぐらいのスペースが利用出来るか確認しておくことが大切です。
物流倉庫によっては小型の商品に適している倉庫もあれば、大型の商品に適している倉庫もあります。目的や用途に合わせてその物流倉庫の利用出来るスペースが適しているかどうかを把握しておくことで、新たに別の物流倉庫を借りなければいけないようなトラブルを避けることが出来ます。

小口での取引にも対応しているか確認を

物流倉庫を利用する場合に確認しておかなければならないことの一つが、その物流倉庫が小口での取引にも対応しているかどうかということです。現在では個人でもネットショップを簡単に開くことが出来るので物流倉庫を利用する人が増えていますが、場合によっては個人が扱う小口の商品は対応してくれない物流倉庫もあります。
最近では大手物流倉庫であっても小口での取引を行っていることが多くなっていますが、後でトラブルにならないように事前の確認が大切です。

3PLとは、物流業務を円滑に行うための手段で、外部業者に物流に関する全ての作業を一元管理してもらうものです。