太陽光発電は特か損か?設置する前に知っておきたいメリットとデメリット

一般家庭における太陽光発電のメリット

太陽電池を使ってエネルギーを生み出す太陽光発電は、次世代エネルギーとしてメディアでも注目を集めています。今では一般家庭で導入されるケースも珍しくなく、これから家を建てる人の中にも太陽光発電の設置を検討している人が増えています。一般家庭で太陽光発電を導入する一番のメリットは、なんといっても電気代を節約することができることでしょう。家庭内の電力を太陽光発電で作りだし、電気料金を安くしたり、上手くいけば家庭内の電力を全てカバーできることもあります。さらに、余ったエネルギーを電力会社に売電できるシステムもあり、収入を得ることも可能です。また、地震や台風などの自然災害によって停電が起きた際にも、自家発電のエネルギーがあれば困らずにすむでしょう。

初期費用やメンテナンスは不可欠

一方で、太陽光発電のシステムを導入する前には、デメリットについても理解しておく必要があります。まずは、設置をするためには相応の初期費用がかかるため、将来的に初期費用を上回るメリットを得られるかどうかをきちんと確認しておくと安心です。太陽光発電は、日照時間や天候の影響をダイレクトに受けることから、設置場所の方角や地域などによって発電量に違いが生じることも知っておくようにしましょう。

そのほか、設置後には定期的なメンテナンスや電気機器の交換が必要になるほか、万が一の破損に備えて保険に加入しておかないといけません。いずれも、長期的に安全で効率的な発電を行っていくためには不可欠なので、メンテナンスや保険の費用をあらかじめ考慮した上で、コスト計算をしておくとよいでしょう。

太陽光発電の価格の相場は、住宅用では1kWあたり25万円程です。また、発電性能は向上していても、買取価格の相場は年々減少傾向です。