派遣の運転手として働きたい時に知っておくべきことは?

未経験者は採用後に丁寧な研修がある派遣先を選ぼう

派遣の運転手として働きたい場合には、早めに運転手の内定実績が豊富な派遣会社に求職登録をして、自分の年齢や経験、保有資格などに合う派遣先を紹介してもらうのがおすすめです。たとえば、一度も運転手の経験が無い人は採用後に丁寧な研修が行われている派遣先を優先的に選ぶのがポイントです。最近では、派遣の運転手の資質向上のため、ビジネスマナーやコミュニケーション、運転技術といった様々な内容の研修を行っている企業も増えています。また、若手の運転手を対象に個別のフォローをしている企業もあり、長く働ける環境が整いつつあります。なお、未経験者に適した派遣先の選び方について知りたい時には、求職中に派遣会社のベテランの担当者に質問をすることが大切です。

運転手の社員登用が行われているか確認しておこう

派遣の運転手として就職をしてから将来的に正社員を目指したい人は、優秀な人材の社員登用に積極的な会社を見つけることが大事です。業績が良く多数の運転手が活躍している大手企業などでは、年に数人の派遣の運転手の社員登用が行われることもあります。また、社員登用時に基本給や各種手当の金額が大幅にアップする会社もあるため、派遣会社と相談をしながら働きがいのある派遣先を探しましょう。一般的に、派遣の運転手として採用された時の年齢が若い人や、経営陣や上司からの評価が良い人は、社員登用される可能性が高い傾向が見られます。その他、運転手の社員登用の基準については、会社ごとに大きな違いが見られるため、時間を掛けて必要な情報を集めておく必要があります。

運転手の派遣は、役員運転手やタクシー運転手などの経験が豊富な人や、運転免許を取得してから事故や違反の経歴が無い人が重宝される傾向があります。