目隠し効果の裏にあるデメリット?ガラスフィルムの注意点を把握しよう!

窓ガラスに目隠し効果をもたらすガラスフィルム

窓ガラスに使われている透明な板ガラスはフロートガラスとも呼ばれ、安価で量産ができる利点がありますが、一方で室内が丸見えになってしまう欠点もあります。また、衝撃にやや弱く、割れやすいことから建物の防犯管理においては注意すべき設備と見なされているのも事実です。窓ガラスに貼り付けるガラスフィルムを用いることで目隠しの効果と耐久性の向上を両立させることができます。フィルムを貼るのに特別な道具や技能は不要なので、日曜大工の一環として誰でも室内の居住性を改善できると言えるでしょう。

ガラスフィルム特有のデメリット

窓ガラスにガラスフィルムを貼る目的は目隠しや耐久性の向上など様々ですが、フィルムを貼る際はすき間や気泡などが生じないようにしなければいけません。すき間があるとその部分の耐久性が下がってしまうため、フィルムを貼った意味がありません。また、気泡ができるとその部分が凸レンズのようになり、日光を一点に集めて火災の原因になります。特に強い日差しが当たる方角の窓ガラスはリスクが大きいのでフィルムを貼る際は細心の注意が必要です。

フィルムを貼るのに不向きな窓ガラスの詳細

窓ガラスの中にはフィルムの貼り付けに適さない物があります。内部に金網が入っている網入りガラスや表面に細かい凹凸の加工が施されているすりガラスにはフィルムを貼ってはいけません。網入りガラスは内部の金網が熱で膨らみ、ガラスを破損させる熱割れのリスクがあります。フィルムを貼ることで日光の熱が蓄積され、熱割れのリスクが増大するのです。また、すりガラスにフィルムを貼ると凹凸の部分に日光が集まり、火災の原因になります。

スマホ等の液晶画面を守るためのアクセサリーとして使用するのが保護フィルムです。その素材として、PET素材ではなく、ガラスから作られている物をガラスフィルムと言います